絵画

絵画基礎/絵画A/絵画B/絵画C

今年度担当教員

石垣克子(非常勤講師)

絵画基礎

  • 授業内容と方法

一般的には、絵画の基礎的な実技・演習といえば、対象物を再現するデッサンなどを想起しがちですが、現代では、そのような再現を基礎としているような絵画作品ばかりではありません。この「絵画基礎」では「再現」とは異なる行為から絵画の成立の基盤を考えます。より自由な発想による現代の「絵画」を考察・制作していくことのできる基礎力を養います。


  • 達成目標

絵画の線や調子・色彩による空間を読み取ることができる。

自分らしい形を描くことができる。

混合技法を活用して魅力的な絵画を制作できる。

自由な発想による現代の「絵画」を考察できる。


  • 授業計画

※講義内容は予定を変更することがあります。

1.ガイダンス。絵画基礎で学ぶ事・実技1足元を描く
2.ドローイング 人物・輪郭線と量感 パネル張り
3.ドローイング 静物 構図と奥行き 陰影描写 鉛筆デッサン1
4.ドローイング 静物 構図と奥行き 陰影描写 鉛筆デッサン2
5.ドローイング 静物 構図と奥行き 陰影描写 鉛筆デッサン3
6. 樹木を描く ドローイングと淡彩1
7. 樹木を描く ドローイングと淡彩2
8. 風景 遠く広い眺め 水彩1
9. 風景 遠く広い眺め 水彩2
10.風景 遠く広い眺め 水彩3
11.風景 遠く広い眺め 水彩4
12.今ある私 油彩による自画像1
13.今ある私 油彩による自画像2
14.今ある私 油彩による自画像3
15.講評会、意見交換