NEWS&INFORMATION





仲間伸恵先生 展覧会「 ITOBA vol.4-繊維表現いろあそび-」のお知らせ


織染分野担当の仲間先生が、下記のグループ展に出品されます。

【展覧会名】匠のアート展 2022 ITOBA vol.4-繊維表現いろあそび-

【会期】2022年11月1日(火)〜13日(日)

【時間】10:00〜17:00(初日13:00〜・最終日16:30迄/月曜日休館)

【会場】九州芸文館/福岡県筑後市大字津島1131

入場料】無料

【主催】九州芸文館

 

<ITOBA展 九州芸文館初開催記念企画>
◎シンポジウム「せかいとわたしをつなぐいろ」

【日時11月3日(木/祝)11:00〜

・第1部 基調講演 講師:仲間伸恵

・第2部 パネルディスカッション パネリスト:仲間伸恵 他

◎ファッションショー「ITOBAコレクション2022」

【日時11月6日(日)13:00〜




永津禎三先生 展覧会「FUKKI QUALIA ‐『復帰と沖縄美術」 のお知らせ


下記の展覧会に、永津禎三先生(本学名誉教授)の作品が展示されます。

【展覧会名】復帰50年コレクション展 FUKKI QUALIA -「復帰」と沖縄美術

【会場】沖縄県立博物館・美術館 美術館コレクションギャラリー1,2,3

【会期】2022年07月20日(水) ~ 2023年01月15日(日)

※後期:2022年10月22日~2023年1月15日

【休館日】毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は開館し、翌平日が休館),年末年始

【開館時間】9:00~18:00/金・土は20:00まで(入館は30分前まで)

【観覧料】一般400円,高校・大学生 220円、県外小・中学生100円

※未就学児,県内小・中学生は無料

※70歳以上の方,障がい者手帳をお持ちの方,および介助者の方1名は無料(身分証の提示が必要です)

 

展覧会の詳細はこちら




2022年度「琉大祭展」のお知らせ


琉球大学美術教育専修では、大学内の会場にて4年次生の作品展を開催いたします。

入場は無料です。この機会にどうぞ足をお運びください。

【会期】2022年9月24日(土),25日(日)

【時間】24日12:00~17:00,25日10:00~17:00

【会場】琉球大学研究者交流施設・50周年記念館

沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

【出展者】教育学部 美術教育専修 4年次

朴優絵/大橋慧大/窪田瑶/与那嶺江梨奈

【入場料】無料

【主催】琉球大学美術教育専修 琉大祭展実行委員会

【お問い合わせ】nakanobu@edu.u-ryukyu.ac.jp(担当:仲間伸恵)




展覧会「DRAWING COMMUNICATION 2022」のお知らせ


本学の教員と学生が、下記のグループ展に参加します。

【展覧会名】DRAWING COMMUNICATION 2022

【琉球大学出品者】

大城妃菜子(4年次)/志良堂由莉奈(2年次)井上涼雅(1年次)仲間伸恵(教員)

【会期】2022年9月7日(水)~11日(日)

【時間】10:00〜17:00

【会場】沖縄県立芸術大学 附属図書・芸術資料館2階 第1,2,3展示室

 那覇市首里当蔵町1-4(首里当蔵キャンパス)

入場料】無料

来館される方へのお願い
来館される方へのお願い



仲間伸恵先生 展覧会「沖縄人 The Okinawan」のお知らせ


織染分野担当の仲間先生が、下記のグループ展に出品されます。

【展覧会名】沖縄人 The Okinawan

【会期】2022年9月3日(土)〜11日(日)

【時間】11:00〜18:00

【会場】gallery rougheryet

沖縄県中頭郡北中城村喜舎場384-2




展覧会「上村豊展」のお知らせ


【展覧会名】上村豊展

【会期】2022年6月17日(金)〜7月10日(日)※金・土・日OPEN

【時間】12:00〜18:00

【会場】SPACE23℃

東京都世田谷区中町2-17-23

 上村豊先生は14年の間、本専修の美術科教育及び絵画分野の担当教員として、教育・研究・社会活動に没頭されてきましたが、2020年に惜しまれながら不帰の客となられました。

 本展は上村先生の創作の礎を築いた「桐生再演」での仕事を中心に、上村豊を識る試みとして開催されます。この機会に、どうぞ足をお運びください。

※尚、本展覧会は上村先生の母校である東京藝術大学榎倉康二研究室と琉球大学美術教育専修の関係者で結成された上村豊展実行委員会によって開催されます。

【お問い合わせ】上村豊展実行委員会 nagahashi@sz.tokoha-u.ac.jp (長橋)

路地の構造 2004 桐生再演10~街における試み
路地の構造 2004 桐生再演10~街における試み
吾妻公園 温室プロジェクト プランドローイング 1999年
吾妻公園 温室プロジェクト プランドローイング 1999年



亀井洋一郎先生 展覧会「薫陶 ‐そして・それから…」のお知らせ


陶芸分野担当の亀井先生が、下記のグループ展に出品されます。

【展覧会名】薫陶 ‐そして・それから…

【会期】2022年4月27日~5月10日

【時間】12:00~17:30〈月曜休廊〉

【会場】Galerie I.TO

京都市北区小山上内河原町12

亀井洋一郎 出展作品
亀井洋一郎 出展作品



小林豊先生 展覧会「Mountains to Sea -Art Project-」のお知らせ


彫刻分野担当の小林先生の個展が、下記の日程で開催されます。

【展覧会名】 Mountains to Sea -Art Project-

【会期】2022年3月3日~5月8日

【会場】Bishop Museum(アメリカ合衆国ハワイ州)

1525 Bernice St, Honolulu, HI 96817




2021年度卒業展」のお知らせ


琉球大学教育学部美術教育専修では、今年度の卒業研究作品による展覧会「卒業展」を開催いたします。

入場は無料です。この機会に、どうぞ足をお運びください。

※赤字部分は2月2日に追記

【会期】2022年2月8日(火)~13日(日)

【時間】10:00~18:00(12日のみ12:00~18:00)

【会場】琉球大学研究者交流施設・50周年記念館

沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

【出展者】教育学部 美術教育専修 4年次

江里綾乃/前原李成佐々木郁也江田幸恵上地彩音

卒業研究発表会】12日に予定されていた研究発表会の一般公開新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、本年は中止とします。何卒ご了承ください。

【入場料】無料

【主催】琉球大学 美術教育専修 卒業展実行委員会

【お問い合わせ】titus@edu.u-ryukyu.ac.jp(担当:スプリー ティトゥス )




永津禎三先生 展覧会「沖縄美術の流れ」 のお知らせ


下記の展覧会に、永津禎三先生(本学名誉教授)の作品が展示されます。

【展覧会名】美術館コレクション展「沖縄美術の流れ」

【会場】沖縄県立博物館・美術館 コレクションギャラリー3

【会期】2021年7月13日~2022年1月23日

【休館日】毎週月曜日

【開館時間】9:00~18:00 金・土は20:00まで(入館は30分前まで)

【観覧料】一般400円、高大生 220円、小・中学生(県外)100円

県内小学生、未就学児は無料

70歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方、および介助者の方1名様は無料(身分証の提示が必要です)

 

詳細はこちら




亀井洋一郎 先生「ArtVerona 2021」のお知らせ


陶芸分野担当の亀井先生が、下記のアートフェアに参加されます。

【名称】ArtVerona 2021

【会期】2021年10月15日~10月17日

【会場】Verona Fiera (ヴェローナ,イタリア)

【booth】Esh Gallery

 

詳細はこちら

亀井洋一郎 展示風景
亀井洋一郎 展示風景



卒業研究 第3次中間報告会のオンライン公開について


琉球大学教育学部美術教育専修では、9月25日に行われる卒業研究の中間報告会の様子(展示風景等)をオンラインで公開いたします。

【美術教育専修 4年次(卒業年次)

江里綾乃/前原李成/佐々木郁也/江田幸恵/上地_彩音



永津禎三先生 寄稿記事「絵図の「読み」とは何か」掲載のお知らせ


永津禎三先生(本学名誉教授)が、9月15日、16日付の沖縄タイムスに「絵図の『読み』とは何か 首里城大龍柱の向きを考える(上、下)」を寄稿されました。




永津禎三先生 小冊子『絵図だけでは、「大龍柱は横向き」の根拠にならない』発行のお知らせ


 本学名誉教授の永津禎三先生が小冊子「絵図だけでは、『大龍柱は横向き』の根拠にならない」を発行されました。

本書は『「首里城正殿 大龍柱を考える」 第3回:絵図とはどんなもの』(令和2年度那覇市石嶺公民館オンライン市民講座)での講話内容に技術検討委員会とのやりとりの経緯を補遺し、冊子にまとめたものです。

【書名】絵図だけでは、「大龍柱は横向き」の根拠にならない 歴史学の基本認識を欠如した「技術検討委員会」

【著者】永津禎三(本学名誉教授)

【発行日】2021 年6 月25 日



  • 石嶺公民館オンライン市民講座「首里城正殿 大龍柱を考える」の各回の内容は、こちらでご覧いただけます。