卒業研究


4年次の卒業研究では、1年間をかけて、学習の集大成に相応しい内容の作品制作(又は論文執筆)を行います。
個別のディスカッションをもとに研究計画を作成し、年間を通じて計4回行われる中間報告会を節目としながら、段階を追って自身の表現を深めていきます。自由な発想による研究内容に応じて、全教員がそれぞれの専門性を活かしながら、卒研担当教員と協力して指導にあたります。
提出された卒業研究作品及び論文は審査を経て、毎年2月に開催される「卒業・修了展」で公開されます。